リサイクルできる不用品の「無料回収」「買取り」の可能性や比較を行うためのサイト

>

買取り、無料回収の比較およびごみ問題解説

両手法の比較をする

「無料回収」と「買い取り」の双方を比較したとき、考えておくべきなのは「自分のやりたい方」というよりは、「その不用品にどれだけ価値が残っているか」というところになります。
「価値」というのは「それを他人がほしいと思うか」という部分です。
たとえば高級ブランド品なら欲しがる人は多いでしょうが、穴だらけ、傷だらけなら、引き取ってくれる人は少なくなるでしょう。
そのように、物を手放す際には「他人が必要かどうか」で「無料回収」か「買い取りか」を選ぶと、失敗が少なくなるでしょう。
ただし、家電製品やコレクターズアイテムなどは、どれだけの価値があるのかは判断が難しいと思いますので、専門買い取り店の査定を受けるのがよいと思われます。

ゴミ問題の補足について

さて、ここでは、不用品の中でも最終的に「ゴミ」として処理するしかないものが、これから増え続けた場合において考えられる問題について考えていきましょう。
まず、日本と海外では土地の広さが違うので、海外では「ゴミを埋め立てる」という方針で処理している国が多いのですが、日本は埋め立てる「最終処分場」としての土地が狭いため「できる限り燃やしてかさを減らす」という方針を採り続けています。
しかし、燃やすと有害物質が発生するゴミもあるため、昭和と平成で一番変わったのは、分別についての徹底化でした。
皆さんも、ゴミを捨てる際には分別をしているかと思いますが、今一度、ペットボトルや空き缶、不燃ごみや資源ごみなどの分別を徹底して、環境やゴミ問題に貢献することを考えていただければと思います。


この記事をシェアする

トップへ